夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

3.98
  • (4878)
  • (4038)
  • (2841)
  • (715)
  • (303)
本棚登録 : 36556
レビュー : 4083
著者 :
円軌道の外さん 小説   読み終わった 

いやぁ〜まんまとハマりました(笑)(^_^;)


本当に愛しくて、
胸がキュイ〜ンとする
ザッツ・エンターテイメント小説です(o^-^o)



同じ場所の同じ時間を、
先輩目線で語られる
ダメ男の妄想全開な視点と、

黒髪の乙女からの
純真無垢な視点と

交互に語り手が変わる構成で
魅力的な物語は
サクサク進んでいきます。


告白などできるハズのないアホウな先輩は
外堀を埋めるため
黒髪の乙女を終始追いかけるが
その先々でトラブルに巻き込まれ、
なかなかうまく会えない様や、

そんなアホウの想いに気付かない故に
ちぐはぐな、
天然乙女との会話が
また面白い(笑)


まるで大正ロマンを思わせる
ハイカラでノスタルジックで
奇妙キテレツな世界観と、

森見節炸裂の
文語調の独特な文体と
(ここは好き嫌いあるかなぁ〜)


そして
想像力を掻き立てる
数限りない素敵な言葉に、

終始映像が浮かんできて
ドキドキワクワクしながら
読み終わるのが勿体無いくらい
幸福感に満ち満ちた作品です♪


京都を舞台に
実際の地名や
四季を彩る風景描写が
これでもかと風情豊かに描かれているので
京都のはんなりした空気感が好きなら
たまらないと思います。


『諸君、異論があるか。
あればことごとく却下だ!』

『恥を知れ。しかるのち死ね!』

『なむなむ!』

『偽電気ブラン』

『学園祭とは青春の押し売り叩き売り、
いわば青春闇市なり!』

『ハッピーエンドだ!!誰もが赤面することうけあいだ!!』

『ビスコを食べれば良いのです!』


など
名言に迷言、
印象的な言葉のオンパレードに
思わず声に出して
読みたくなってしまうこと間違いナシ(笑)(^O^)


読んでいると自然とニヤケてしまうので
外で読むには
それなりの覚悟がいります(笑)♪


さて、『先輩』の
届かぬ想いは
成就するのか?


黒髪の乙女の可愛さと
先輩の間抜けぶりに
杏仁豆腐の味にも似た人生の妙味を
とくと御賞味あれ〜(^_^)


なお文庫版に収録された
漫画家・羽海野チカによる
イラスト入り解説は必見!


高橋留美子の
『めぞん一刻』
『うる星やつら』の世界観や、

『ハチクロ』の漫画が好きな人、

そして大正や昭和ロマン、
文学やお酒が好きなら
必ずハマる作品です♪
(個人的には
羽海野チカ監修で
アニメ化を希望!)

レビュー投稿日
2011年4月11日
読了日
2011年月
本棚登録日
2011年4月11日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

pantookomeさん (2013年1月3日)

円軌道の外さん

はじめまして。pantookomeと申します。
ご報告遅くなりましたがフォローさせていただきました。

フォローとコメントをありがとうございます。
森見作品よいですよね!

主人公がいつもネガでぐるぐると考えているのに、決して湿っぽくならずクスリと笑わせてしまうところが流石!と思います。

円軌道の外さんが的確なことばで森見作品のよさを書いており、共感してしまいました。

これからもレビューを読書等の参考にさせてください。
よろしくお願いします。

円軌道の外さん (2013年1月19日)


ご丁寧なコメントとフォロー
感謝感激です(^O^)


あっ、分かります!

どちらかと言えば
ネガティブな主人公ばかりなのに、
なぜか読後感は爽やかやし(笑)

この作品も
文語調の語り口はちょっとクセはあるけど、
ファンタジーでいてロマンチックやし、
妄想狂の先輩が笑えるし、
ヒロインが無性に可愛いし、
京都の町の雰囲気に浸れるし、
ホンマハマる要素
てんこ盛りですもんね(笑)


アホアホな先輩は
なんか自分を見るようで…

どうにもこうにも
痒くて痛かったけど(汗)(^_^;)



こちらこそ
末永くよろしくお願いします!

円軌道の外さん (2013年12月12日)



iii76385さん、フォロー&沢山の花丸ありがとうございます!

そしてそして
こんなに熱いコメントまで頂けるなんて、
感謝感激でございます(笑)(≧∇≦)


レトロでエロティシズムが匂う
中村佑介さんのイラストは
自分も大好きなので、
ああ~
確かにそっちのアニメも
見てみたいなぁ~っと
激しく共感した次第です(笑)


とっつきやすく可愛い
羽海野さんの手によるアニメは
夕方か朝の時間帯に放送して、

中村佑介さんの
官能的で
大人なイラストでのアニメは
深夜枠に流すという
アニメ界発の試みもいいんじゃないでしょうか?(笑)


良かったら自分も
「Blue-中村佑介画集」に
熱いレビューを書いてるので、
また読んでみてくださいね(笑)


これからも末永く
ヨロシクお願いします!(^_^)v


あとでフォローに伺います!


コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする