喰う寝るふたり 住むふたり 1(ゼノンコミックス)

4.02
  • (230)
  • (327)
  • (152)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 2452
レビュー : 239
著者 :
円軌道の外さん 漫画   読み終わった 

いやぁ〜面白い!

恋人以上、夫婦未満の同棲カップルの
日常に起きる様々な問題を
男女両方の視点から描いたことによって、
男女の立場の違いや
思考回路の違いを
如実にあらわにして 、
マンネリ気味な恋愛に悩むカップルには
いろいろと参考になる作品だと思います(笑)



交際10年、同棲して8年になる
三十路直前カップルの
町田りつ子(リツコ)と
野々山修一(のんちゃん)。


女は明確なプロポーズを待ち続け、
男はプロポーズは済ましたと思い続け、

男は彼女の作る朝ご飯に憧れるも
強要はしたくないので言えなかったり、

彼女に操を立て
合コンの誘いを断る男と
止めてくれない男に
意地で合コンへ繰り出す女、

他にも同棲を心配する親との確執、
男の10年と女の10年の違い、
マンネリの誕生日プレゼント脱却作戦、
セックスレスの問題、
料理観の違いなどなど、

ほっこりほのぼのしたストーリーの中に
男と女って
こんなに考えてることが違うんやって
改めてハッと気付かされることが多々あるし、

なんやかんや言いつつも
根っこではお互いを想い合う二人に
読みながら
自然とニヤけてしまいます(*^o^*)



自分も付き合うと
必ず同棲していた経験上、
あの時こうすれば良かったのか〜と
読んでて反省しきり(^_^;)


しかし、どんなに長い付き合いであっても
思いを言葉にして
相手に伝えることを放棄したら、
そこから
すれ違っていくんですよね。


恋愛は
好きっていうエゴを共有してる二人にしか有効でない
一種の魔法なんじゃないかな。


恋心が覚めれば
魔法は効かなくなる…


恋は元々
儚くて脆いものだから
確固とした愛へと昇華できるよう
リツコとのんちゃんのカップルを手本に(笑)
丁寧に慎重に大事に育んでいけたらなって
今は思います。


男の思考回路が
知りたい女性たち、

女心に翻弄され続ける男たち、

必読の漫画です(笑)



現在2巻まで出てます♪

レビュー投稿日
2013年4月15日
読了日
2013年4月15日
本棚登録日
2013年4月15日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『喰う寝るふたり 住むふたり 1(ゼノン...』のレビューをもっとみる

『喰う寝るふたり 住むふたり 1(ゼノンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする