つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

3.68
  • (356)
  • (570)
  • (648)
  • (94)
  • (22)
本棚登録 : 4157
レビュー : 636
著者 :
円軌道の外さん 小説   読み終わった 

食べ物が出てくる
小説や映画に目がない自分にとって、
まさにヨダレが出るほど
ツボにハマった小説です(o^-^o)


古めかしい飴色のテーブル、

漆喰の
不思議に色褪せた壁、

傷だらけだけど美しい
白の皿やコップ、

ため息さえも
宙に浮かんでしまいそうな、
暖房のきかぬ
オンボロの安食堂。

それは十字路の角に
ぽつんとあって、
店前にはいつも
つむじ風が舞っているので、
「つむじ風食堂」と
いつしか客たちは
呼ぶようになった。

そんな「つむじ風食堂」に集う人々の距離感が
近すぎず遠すぎず
本当に絶妙で、

ベタベタしていないのに
あったかくて、

自分自身が
食堂の常連になったような気分で
身近な人々の話として
終始ニヤケながら
読んでました(笑)
(このへんは映画「かもめ食堂」に流れる空気感に少し似てるかも)

どんな人でも
2時間もあれば読めてしまう本だけど、
誰もが持つ遠い記憶の中の
童話を読んでいるようで
とにかく心地いい。


シンプルだけど
厳選され吟味されたであろう言葉たち。

やわらかで繊細な文章が
読む人を
ここではない
どこかにある世界へ
連れていってくれる。


昔堅気で無口な
「つむじ風食堂」の店主。

月舟アパートに住み、
この物語の語り手である
「雨降り先生」。

帽子屋で変わり者の
桜田さん。

コーヒースタンドのマスターの
タブラさん。

体の半分が白毛、
もう半分が黒毛の
チビ猫のオセロ。

イルクーツクに行きたい
果物屋の青年。

背の高い舞台女優・
奈々津さん。

古本屋の店主の
「デ・ニーロの親方」

そして地下のフロアにある
小さなコーヒースタンドと
銀色に輝く
エスプレッソ・マシーン。


好きな場面が沢山ある小説やけど
オレンジに反射した光で
本を読む果物屋の青年のシーンや、

仲直りするために
階段に置かれたオレンジのシーンが
特にお気に入りです。

静かで穏やかだけど、
決して変わらない
『確かなもの』を描いた
雨の夜に
ゆるゆると読みたい小説。


それにしてもいつか、
いつか、
いつの日か、
「つむじ風食堂」に行って、
心も身体もあたためてくれるような
クロケットを食べてみたいなぁ〜(^O^)


姉妹編となる
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」
も併せてオススメします♪

レビュー投稿日
2012年5月16日
読了日
2012年5月16日
本棚登録日
2012年5月16日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

takanatsuさん (2012年5月17日)

私もこの本大好きで、円軌道の外さんのレビュにとても共感します!
果物屋さんが読んでいる本がすごく気になって読みたくなったり、古本屋さんのシーンも楽しくて、本好きの心をくすぐる要素がたくさん散りばめられていて愛しい物語です。
クロケット定食食べたくなりますよね。特に映画を観た後は何を食べたいか考える時に、真っ先にクロケット定食を思い浮かべていました。

円軌道の外さん (2012年5月18日)


takanatsuさん、
お久しぶりです!

コメントありがとうございます(^O^)

共感していただけて
嬉しいです♪

そうなんですよ〜!
自分も冒頭から一気に引き込まれたし
流れる空気感も心地いいし、
ホンマ本好きなら
たまらない作品ですよね(^_^)v


あははは(笑)
分かります!

自分も洋食屋が好きで
近所に美味しい店があるんやけど、
仕事帰りに寄ると
ついついこの作品のクロケットをイメージして(笑)
コロッケ定食頼んじゃいます☆

小説や映画の中の食べ物って、
なんであんなに
美味しそうに思えるんですかね〜(笑)(^_^;)
↑ただ食いしん坊体質なだけやったりして

takanatsuさん (2012年5月18日)

「↑ただ食いしん坊体質なだけやったりして」
私の場合それもあるかもしれませんが(笑)、日々の食事と読書が想像(妄想?)力を鍛えているのかもとも思います。
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』のサンドイッチとスープも美味しそうなんですよね。
思い出したらまた読みたくなってしまいました。

円軌道の外さん (2012年5月23日)


takanatsuさん、
またまたありがとうございます(^O^)

あははは(笑)
自分も妄想力なら負けません!!

料理本の前で
至福の表情浮かべてる
熊みたいなゴツい男がいたら
それは自分です(汗)(^_^;)


『それからはスープのことばかり考えて暮らした』は
少しずつ読み進めるたびに
毎回サンドイッチとスープを買いに走ってました♪

朝ご飯は
自分で作るオリジナルサンドイッチが
マイブームやったし(笑)

ホンマ単純な男ですよね(^_^;)


maiさん (2012年5月30日)

あー困った、困った。
本とか、こういうコメントとかの文章でグッと引きつけられる人と出会うと、嬉しいですよね。
すごくいい感覚と切り取りですね。(いいというのは、私と一緒で嬉しいということですが)

私もご飯シリーズ大好きで、それからはスープ~の本も、私も大好きです。

また、お薦め教えてください!!ぜひ!

円軌道の外さん (2012年5月31日)


maiさん、
フォロー&コメント&お気に入りポチ
ありがとうございます(^O^)

あははは(笑)
お気に召していただけたなら恐縮です♪

自分も食べることには目がない
いただきます体質なんで(笑)

『食』をテーマにした作品は
大好きなんです(^_^)

自分がブクログで紹介してるものは
自分が感動した作品ばかりを選んで並べているので、
どれもオススメです(笑)

瀬尾まいこさんの作品は
読まれてますか?

彼女の小説はどの作品にも
食べるシーンが必ず出てくるし、
どの食べ物もホンマに美味そうなんで(笑)

未読でしたら
また読んでみてくださいね♪


maiさん (2012年6月1日)

瀬尾まいこさんなら、卵の緒が大好きです!田辺聖子さんの、春情蛸の足も是非読んで欲しい!最高です!
瀬尾サンも、深めてみます!

円軌道の外さん (2012年6月4日)


maiさん、ここにも
ありがとうございます!

おおーっ
『卵の緒』いいっスよね〜(^O^)

田辺さんの
『春情蛸の足』は読んだことないんで、
今度チェックしてみますね♪

よだれタラタラになるかな?(笑)



あと食べ物が美味しそうな小説なら
吉本ばなな、

エッセイなら
高山なおみ、平松洋子、

料理本なら飯島奈美、

あと漫画なら
羽海野チカかな(笑)

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする