コーヒー&シガレッツ [DVD]

3.76
  • (81)
  • (127)
  • (110)
  • (23)
  • (2)
本棚登録 : 817
レビュー : 110
監督 : ジム・ジャームッシュ 
出演 : ケイト・ブランシェット  ロベルト・ベニーニ  スティーブ・ブシェミ  スティーヴン・ライト  ジョイ・リー  サンキ・リー  イギー・ポップ  トム・ウェイツ  ジョー・リガーノ 
円軌道の外さん 映画   観終わった 

2003年公開。

インディーズの鬼才
ジム・ジャームッシュ監督が、
1986年から10年以上にもわたって
少しずつ撮り貯めてきた
コーヒーとタバコをモチーフにした
たわいない会話だけの
11本のモノクロストーリー。


ただタバコを吸いながら、
コーヒーを飲みながらの
クセのある会話を
登場人物たちが繰り広げるだけの短編集なので、
人によって評価の分かれる作品だと思います。
(まぁストーリーはないも同然なので笑)

それでもなお
惹き付けて止まない魅力が
ジム・ジャームッシュの映画にはあるんですよね。


自分はこういうオフビートな
ノリ大好きです。

特に昨今の異常ともとれる禁煙化に
疑問を感じる身としては
(健康を盾にした魔女狩りと変わらんやん)
ジャームッシュの心意気(反骨心)が
見えるような気がします。


ジックリと作品を鑑賞するというよりは、
リラックスして
タバコを吹かして、
コーヒーでまったりしながら、

カフェで他のテーブルの
人間観察でもしてる気分で
ボーっと観るのがオススメかな。


なお、どの話も
豪華な俳優、
ミュージシャンらが、
他人を演じるというよりは
本人として出演。

ハイテンションな
ロベルト・ベニーニ、
ウェイター役の
スティーブ・ブシュミに
ビル・マーレー、

ロック好きなら
最もタバコが似合っていた
パンク界のゴッドファーザー、イギー・ポップと
酔いどれ詩人トム・ウェイツの
禁煙中の会話には爆笑必至!
(今は亡き(泣)ホワイト・ストライプスの
ジャックとメグの
二人の素の会話も
かなり貴重なんでは)


そしてケイト・ブランシェットの
一人二役はまんまとやられたし
お見事の一言!


タバコはいつの世も
反抗のシンボルであり
様々なロックや映画を彩ってきたし、
作家や映画監督など
表現者たちのイマジネーションを刺激したり
労働者たちの生活の句読点となってきました。

勿論喫煙マナーを知らない輩は論外だけど、
あまりに一方的に
悪者に祭り上げる構図は
いかにも日本的だな〜っと個人的には思うんやけどなぁ。


何はともあれ
音楽好きさん
オシャレ好きさん、
人生には
タバコやコーヒーがなきゃって人には
オススメします(笑)

レビュー投稿日
2013年6月26日
読了日
2013年6月26日
本棚登録日
2013年6月26日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コーヒー&シガレッツ [DVD]』のレビューをもっとみる

『コーヒー&シガレッツ [DVD]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする