新編 作家論 (岩波文庫)

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
著者 :
制作 : 高橋 英夫 
strasse666さん 近代文学   読み終わった 

正宗白鳥ブームが個人的に到来。
この本を手に取ったのがきっかけでした。
このひと、明治から戦後まで活動を続けていた、かなり息の長い作家なのですが、評論がとてつもなく面白いです。というのも
・遠慮しない ・褒めっぱなしにしない ・貶しっぱなしにしない
・とにかく読んでいる ・口が悪いが悪意を感じない
という、およそ批評にとって重要な要素を全部満たしているから。
大家だろうと新人だろうと、友人だろうと、なんだろうと、とにかく手当たり次第。快感とも言えるでしょう。
凄いひとがいたものですね。大好きです。こういうひと。

レビュー投稿日
2011年2月28日
読了日
2011年2月28日
本棚登録日
2011年2月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新編 作家論 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『新編 作家論 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする