秘めやかな蜜事 ~紳士倶楽部の饗宴~ (ガッシュ文庫)

2.81
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (4)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
著者 :
制作 : 周防 佑未 
komopyさん 橘かおる    読み終わった 

鬼畜成分微量な3P。禁忌で隠微なムードを求めたら失望するかわりに、受が二人の攻から愛される両手に花状態は堪能できます。
攻は人気デザイナーである津田と著名カメラマンの柏木。対照的なタイプの男前です。受は地味で大人しい蓮。磨けば逸材ですがネガティブなので自分の魅力に気が付いていない子です。だから、イケメン二人に愛される設定でも、奢り高ぶることもなく躾けられ懐いていくので好感がありました。ま、ちょっと流されてるかな~と思わないでもなかったですが。

とにかく、ゲーム感覚から始まった関係ではあるにせよ、攻二人は受を溺愛、猫かわいがりです。3Pと言えば無抵抗な受を二人がかりで陵辱、と愛のないH先行のイメージがつきものだけど、これは二人からの同時求愛的設定ですね。甘やかされ、愛されています。
そして、地味で冴えない蓮が津田と柏木によって変身していくという、シンデレラストーリー要素もあります。
てか、3Pより絶対こっちの方がメインだろ?という、実は超スイートな話だったりしました。イラストが周防佑未センセで、非常にアダルトだったのでめくらまし食らいました…エロ的には、このイラストで格上げされてる部分もあり。

もちろん、ストーリー自体もただスイートなだけの一本調子ではなく、ヒヤヒヤさせるおいしい?危機一髪場面もあって、飽きのこない面白い展開でした。
Hシーンはいっぱいあって、痛くない安心保証のエロです。それほど無体なことはしていません。二人がかりでかわいがりまくってます。
脇キャラに怪しい奴らがいるのが気になりましたね。
結城と朗の関係も、簡単な説明しかされていないので、すごく気になりました。
二輪挿しがなかったのが残念。同人誌で花咲くんでしょうか?蓮はまだ成長株なのでこれからに期待ですw

レビュー投稿日
2012年10月30日
読了日
2012年10月30日
本棚登録日
2012年10月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『秘めやかな蜜事 ~紳士倶楽部の饗宴~ (...』のレビューをもっとみる

『秘めやかな蜜事 ~紳士倶楽部の饗宴~ (ガッシュ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『秘めやかな蜜事 ~紳士倶楽部の饗宴~ (ガッシュ文庫)』にkomopyさんがつけたタグ

ツイートする