ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボーイコミックス)

4.10
  • (11)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 5
komopyさん やまねあやの   読み終わった 

「クリムゾン・スペル」に続き、こちらも久々の新刊出してくれて嬉しかったです。麻見と秋仁がほんとに大好き。

冒頭、山寺で作務衣着ている秋仁の姿から始まり頭の中が、え、なんで⁇となったくらい、前コミックスから年月が経っていたのですね…
でも、その場面でどんだけ秋仁が敵から厳重に守られて麻見の愛情を一身に受けているかってのが、なんにも説明されなくてもしっかり理解できてしまいます。
そして、こんなにも大切にされてるにもかかわらず、麻見が気がかりで片時もおとなしくじっとしていられない秋仁がまた彼らしいというか…愛ですね。

実は麻見にみつめてもらいたい♂が錯綜。麻見への認められたい気持ちや執着が歪み過ぎな須藤とか、何かにつけて絡んでくる永遠のライバル飛龍さまとか…!
飛龍と共同戦線張っての銃撃戦は迫力満点で、ハラハラさせられました。思わず手に汗…
麻見と飛龍の関係も危機感ありながら、色気が漂いまくりで好きなのです。この雰囲気、秋仁とでは出せないものがあるかんじで。

山寺での生活はちょっとのどかで微笑ましくて、みちひろくん(笑)とのやりとりも癒されました~!
まあ、その後の香港がまたヒヤヒヤもので…でも、最高にカッコいい麻見を見ることができて、思わず声が出てしまいました…めちゃくちゃ、カッコよかったです。

エロ的には、本編ではメインのHはなかったけど、なんと飛龍様が自分の身体を投じて画策していました~!!
私的に、相手がまったくぴったりこない組み合わせなところで萌えました。「わたしはわたしのためにしか動きません」という言葉が、ほんとに飛龍らしくてさらに萌え。めちゃエロかったです。セクシーサンキューとしか言いようがない…

「青年実業家 麻見隆一のマイリトルモンスター」は、妄想にもほどがあるお話でした~!秋仁ママは何となく想像していたけど、麻見パパって想像つかなかったのに、今回ステキなツンデレパパっぷりを見て納得しまくりましたwwwありえる。ファンシー麻見に爆笑でした!

密林初回限定小冊子は「高羽秋仁のファインダーの戦士」。戦隊ものですよ~!センセの妄想炸裂してる(笑)
すみずみまで面白かったです。笑っていいのか、萌えていいのかわからなくなった…!センセご自身による二次創作最高。

レビュー投稿日
2018年8月29日
読了日
2018年8月29日
本棚登録日
2018年8月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボ...』のレビューをもっとみる

『ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボーイコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする