細雪(中) (新潮文庫)

3.89
  • (183)
  • (148)
  • (224)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 1648
レビュー : 103
著者 :
しゅうこさん 男性作家   読み終わった 

(旺文社文庫特製版)
上巻のゆったりとした日常感から一転して、ドキハラ展開が続きました。妙子とその周辺が中心で、近代的で時代の先を行こうとする妙子と旧態依然とした姉たちの対比から、当時の価値観が知れて面白かった。妙子みたいな人はこういう旧家に生まれたら窮屈なやろなー。
上巻で空気やった鶴子も結構出てきたよ。

妙子が奥畑のことを言った、「浪費家であるとか、浮気者であるとか、甲斐性なしであるとか、いう程度のことだけなら、何も縁であるから辛抱しようという考えがないでもなかったが、未来の妻のためにズボンを汚すことさえも厭う軽薄さを見ては、すっかり望みを失ったのであった。」
は名言(?)やと思うよ。よく分かるよ。ただ、何であなたたち姉妹はみんな「浮気者」は許容範囲やと言えるのか理解できん。そんくらい懐の深い女性がいいという、谷崎の趣味か?こいつ(奥畑)余所で子ども作っとるんぞ。わたしには無理やわ。それ以外は全面的に同意。笑
あと貞之助が好きです。洪水のときにあんなに体張って動いてくれて、旧家のお婿さんなのに進歩的な考え方をしていて、有能やけどめんどくさい関わりたくないと思ったらそそくさと逃げる

中巻の陰の主役はお春どんやと思っている。上巻であんだけ株が下がっていたのに、洪水で汚名返上して、おおこのこすごい!有能!と思わせといてなんというズボラ女子。

レビュー投稿日
2016年6月21日
読了日
2016年6月20日
本棚登録日
2016年6月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『細雪(中) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『細雪(中) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『細雪(中) (新潮文庫)』にしゅうこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする