ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを (ハヤカワ文庫 SF 464)

3.74
  • (75)
  • (77)
  • (126)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 712
レビュー : 62
抽斗さん 誰かのためじゃない   読み終わった 

読んでいて、どうすればいいのかわからなくなって、馬鹿みたいにぼろぼろぼろぼろ泣いてしまった。
ヴォネガットの作品はこれが初読だが、読む前からからそうなる予感はしていた。きっと泣いてしまうし、きっと辛いだろうと。その通りだった。

「カート・ヴォネガット・ジュニアの『ローズウォーターさん~』は、この作家が世界に宛てた、一番新しい、一冊の怒りのラブ・レターである」(ジュディス・メディル)

怒りのラブ・レター。まさしく。
これは愛についての物語である。そして金についての物語である。
一人の男が限りない愛と、限りなく限りないくらいの金を、その身に背負って、生きる話である。

誰を救えばいいのか、という話ではない。
何を変えればいいのか、という話でもない。
世界はあるがままに。そして人間もありのままに。
みじめな人生に電話での話し相手と、わずかなお金を。
何も変わらない世界に小さなユーモアを。
そして、新しい命へ「ようこそ」と。

そうそう、あとはこれ。
「なんてったって、親切でなきゃいけないよ」。

レビュー投稿日
2012年5月6日
読了日
2012年4月30日
本棚登録日
2012年4月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵み...』のレビューをもっとみる

『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを (ハヤカワ文庫 SF 464)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを (ハヤカワ文庫 SF 464)』に抽斗さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする