赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

4.01
  • (278)
  • (357)
  • (204)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 2572
レビュー : 282
著者 :
抽斗さん 遠くへ、もっと近くへ   読み終わった 

米子に旅行に行っている間、ずうーっと読んでいた。そして2日で読み終わった。「こんなの、読んだことないっ」という気にさせてくれる面白さ。作中の鳥取弁が、異国の赤い言葉に聞こえる。ここであって、ここでない世界。ようこそ、ビューティフルワールドへ。

語り手の瞳子の祖母・千里眼の万葉と、母・漫画家の毛鞠。それに比べて、現代の語り手である瞳子の、なんとふわふわと薄っぺらいことだろう。
そう嘆きたくなるくらい、万葉と毛鞠の時間は謎めいた驚きに満ちている。時代とともに駆け抜けていく彼女たち、しかしそこにはまだ知らないもの、見たことのないもの、そして出会ったことのない人とのまだ見ぬ出会いがある。未知であることが不思議を生み、希望を生む。それらは時に残酷で、恐怖ですらあるけれど……それでも見えないからこそ、立ち向かえることもあるのだと思う。

わたしたちは、悩み多きこのせかい、広大でちっぽけなこのせかいに生まれた。周りは自分と同じような人ばかり……なんでもできるけれど、特になにもできない。どこに行けばいいの? わたしはこのせかいで誰なの? 
それでもわたしは、真っ赤なこのせかいで生きていく。せかいは、そう、すこしでも美しくなければ。

レビュー投稿日
2014年9月9日
読了日
2014年8月17日
本棚登録日
2014年8月17日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)』に抽斗さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする