いま・ここ・みらい の物語

2015.12.02
おはよう ♪(^-^)/

2015年12月2日

読書状況 読み終わった [2015年12月2日]
カテゴリ Zen
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
カテゴリ Zen

2015.01.15
第5地(「ほんとうに勝利しがたい」菩薩の地)の構成。
○十種平等清浄心を体得する。
○四つの聖なる真理を思惟しつつ向上する。
○まよいの存在を過去世・未来世において観照する。
○巧みな方便を実行する。
○陀羅尼を体得する。

巧みな方便・・・・
・書くこと(文法にかない論理にしたがった美しい文章)
・印章をもちいる
・数を数え計算する
・物質や医学の原理
・病気を癒すための術
・美しい詩や舞踏劇などの娯楽
・川、庭園、果実、花のプラン
・宝玉の産地を教える
・惑星、星、日、月の吉凶の相を占う
・あらゆる身体の部分の吉凶の相を占う
・帝王政治の学問

2015.01.13
第5地・・・般若の知恵と巧みな方便。

かの菩薩は、十種のもっともすぐれた菩薩行のうちでは、禅定のもっともすぐれた菩薩道に、とくにひいでる。(P165)

2014.06.03
4と5はいっしょに学ぶ・・・・___φ(・_・*)

2013.10.29
かの菩薩の忍耐があり歓喜にあふれる道心は、それだけでますます清浄になってくる。信愛の情ふかく温和なる道心、けっして激怒することのない道心、けっして激情にはしることのない道心、けっして興奮することのない道心、高慢になったり卑屈になったりすることのない道心、衆生が尊敬してくれることを期待しない道心、みずからのしたことに対する返報を期待しない道心、欺瞞がなく虚偽を語らない道心、深い密林のような煩悩がない道心は、それだけますます清浄になってくる。(P116)

2013.04.04
隊商をひきいるリーダーがあって、そのことの妙をきわめているとする。大きな隊商をひきつれていこうとしていて、かなたの大都会につつがなく到着させてやりたい、とねがっている。まずははじめには、隊商道における道路の難易、隊商道において退却を余儀なくされる困難、隊商道における宿泊地と宿泊地の中間での安全、商道における宿泊地と宿泊地の中間での退却を余儀なくされる困難、隊商道における糧食の有無、必要な行政手続きを、いろいろなひとびとに尋問して調査する。かの隊商をひきいるリーダーは、いまだ最初の根拠地を出発しないうちにすでに、ついにはかなたの大都会につつがなく到着するためも妙致をきわめているのである。かの隊商をひきいるリーダーは、このように叡智をはたらかせて思惟していることによって、いつも豊富な糧食があって、大きな隊商ともども、どんどんすすみゆき、ついにはかなたの大都会に到着するのである。彼の隊商も、また彼自身も、砂漠や荒野においてふりかかってくる災難にわざわいされることがないのである。

みなさん、仏子たちよ、まさしくそのようにかの菩薩も、そのことの妙をきわめた大きな隊商をひきいるリーダーである。(P64)・・・・___φ(・_・*)

2013.03.13
2と1の復習・・・・___φ(・_・*)

2013.03.12
かの菩薩は、これらの禅定と自由な三昧と定へと入定しては、出定する。しかしながら、それらの定に出入りするからといって、迷いの世界に生まれるのでない。そうではなくして、菩提にみちびく諸修行を円満にするであろう、と観察するときに、わざわざ思惟をはたらかせ、誓願の力によってそれらの定へと生まれるのである。その理由は、こうである。この菩薩において、業をなし果をうける主体としての心は、衆生のためのたくみな方便によって存在するにすぎないのである。(P113)

2013.03.08
かの菩薩は観照する。「如来の知なるものは、まことに不思議なるかな。ひとしきものなく、かぎりない。めったに体得されることもなく、いささかも他学派の信念をまじえない。ここに苦難はな...

続きを読む

ネタバレ
読書状況 いま読んでる
カテゴリ Flower Ornament
タグ

本当に重要なものごとを見極めるために必要なことは5つ。  じっくりと考える余裕、情報を集める時間、遊び心、十分な睡眠、そして何を選ぶかという厳密な基準だ。Read more at location 751

読書状況 いま読んでる

「体で覚える」という意味合いの「筋肉の記憶」というのは存在しない。なぜなら、筋肉は脳の命令を実行するだけだからだ。したがって、新しい科学とは、「才能を開発したいなら、深い練習を通じて脳を鍛える必要がある」という考え方に要約できる。Read more at location 26

肉体的なスキルの場合、自分が相手の体の中に入り込んでいる様子をイメージするといい。動きとリズムを意識し、その動きの内側の形を感じとることに努めよう。  一方、知的なスキルの場合、達人の意思決定パターンを心の中で再現することによって、そのスキルを疑似体験するといい。Read more at location 202

ただし、盗むときは、全体的な印象ではなく具体的な要素に集中しよう。たとえば、ゴルファーのバックスイングの頂点での左肘の角度、外科医の右手の動作、歌手が高音を出すときの唇の形と張り、コメディアンがギャグを言うときの間、などなど。Read more at location 240

大切なのは、どんな形で日記をつけるかではなく、書きとめたアイデアをあとで振り返ることである。今日の結果、明日の課題、翌週の目標というように。Read more at location 251

ハードスキルを学ぶときは、正確に測定しながらゆっくりおこなおう。1回にひとつの単純な動作をおこない、繰り返しによって完璧に仕上げてから次に進もう。とくに最初はミスを発見し、修正することを心がけよう。Read more at location 348

細分化するにあたっては、まずスキルの青写真を脳に刻み込もう(「秘訣2」を参照)。そして、次のふたつの問いを自分に投げかけよう。 1 このスキルのなかで習得できる最小の要素は何か? 2 その最小の要素と関連している他の要素は何か? Read more at location 533

どんなスキルを身につけるときも、やり方はいつも同じだ。すなわち、まず全体を見て、それを最小の要素に細分化し、そして復元する。それを繰り返すのだ。Read more at location 543

つまり、ひとつの小さな部分を選び、それを単に改善するのではなく完璧にするのだ。完璧にするというのは、つねに100パーセント正しくできるまでスキルを磨き上げるという意味である。Read more at location 551

一流のプロは素人と比べてひとりで練習する時間が5倍も多かったのだ。Read more at location 611

学習しようとしている一つひとつの部分に対して具体的なイメージを描く工夫をしよう。そのイメージは詳細でなくてもかまわない。ただし、見て感じやすいようにすることが重要である。Read more at location 624

ミスに対しては「深刻な態度」ではなく「真剣な態度」で受け止めることが肝心だ。Read more at location 634

練習スペースを縮小し、そこでの繰り返しを増やし、密度を濃くして目標を明確にすると、ますます深い練習をすることができる。Read more at location 648

超スローモーションの練習は拡大鏡のように作用する。つまり、ミスをはっきりと認識し、それによって修正することができるのだ。  Read more at location 671

必要不可欠な動き以外のすべてを取り除くことで、いちばん大切なことに意識を集中できるからだ。それは、正しく背伸びをすることである。Read more at location 694

初めて完璧に繰り返しができたときである。そんなときは、そこで動作を止めて心のテープを巻き戻し、それ...

続きを読む

2015年1月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2015年1月13日]

主客未分の経験は、主客の関係の成立を意識する「われ」をふくんだ経験です。わたしが意識していることを意識することができるのは、わたしの身に主客未分の出来事が起こっているということであり、それは仏法が見るものなくして見るというやり方で諸法を根拠づけているということである、と道元はイメージしているのです。Read more at location 566

「われ」でない不生不滅の仏法に根拠づけられながら、あくまでも「われ」として生滅しているとき、わたしは主客未分の経験の主体として生きています。仏法に逆らう「われ」であって、はじめて仏法を表現できるのです。仏法と渾然一体でありながらも、「われ」というあり方をしているとき、そこにおいて仏法のリアリティが表現されるのです。Read more at location 611

道元は、経験の内容のなかに経験の主体は現れない、といったことを考えているわけじゃありません。主客の関係の成立を、主客未分において考えているだけです。Read more at location 1128

道元における経験とは、立場を前提としない経験です。主客がないわけではありません。主客未分という、立場を前提としないような経験があるのです。Read more at location 1170

ネタバレ
読書状況 いま読んでる
カテゴリ Zen
タグ
読書状況 いま読んでる

私たちの手足は、体の中にある胴体についているのですから、その胴体に振り回されることになります。この胴体を支え、また上半身と下半身を一つにつなげることができるカスガイの役割を担うのが、仙骨なのです。

つまり仙骨の角度を変えることにより上半身と下半身は一つに整ったり、逆にバラバラになったりするのです。ですから仙骨を使えるように意識することこそが、体を上手に動かすための早道といえるのです。(P16)

2015年1月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2015年1月13日]
カテゴリ Zen
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 読み終わった [2014年8月27日]

読書状況 読み終わった [2015年1月13日]

( ・_・)_θ☆◯

ネタバレ
読書状況 いま読んでる
ツイートする