沈む日本を愛せますか?

3.83
  • (24)
  • (44)
  • (32)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 362
レビュー : 51
suenaganaokiさん  未設定  読み終わった 

参院選が近付いてきました。最近の報道を見ると、自民党の先生たちは、株価の動きを注視しているのだそうです。
株価が急落すれば、安倍政権の支持率が急落し、参院選の結果に直結するからです。
先日、とある新聞で、今度の参院選の候補者と陣営幹部が実名表記で「株価が下がれば、厳しい戦いになる」という趣旨の発言をそろってしているのを読み、私は訝しみました。
これは「こいつら目先の金のことしか気にしていないから、株価次第で離れるぞ」と堂々と言っているのと同断だからです。
それは恐らくかなりの確率で事実でしょうが、そこは建前でも「私は、有権者はそんな短期的な株価の動向で投票先を変えるほど愚かではないと思います」と鷹揚に構えて言ってほしい。
つまり、政治家は国民を信頼していないのですね。そして、合わせ鏡のように国民も政治家を信頼していない。それを政治家も国民も、特段おかしなことだとは多分もう思っていない(だって、こういう記事が堂々と紙面に載ってしまうんですよ)。
これが現在の政治状況の「常態」なのだと、記事を読んで改めて感じた次第です。
本書は、2010年10月の発行ですから、今度の参院選どころか昨年末の衆院選も話題にしていません。扱っているのは民主党への政権交代前夜から鳩山政権、菅政権、そして日本の政治をある意味では体現している小沢さんが代表選に敗れるまで(2009年3月~2010年10月)の政治動向。今や日本の知性を代表すると言っても過言ではない(かなりユニークですが…)内田樹さんと高橋源一郎さんが、面白おかしく縦横に語り尽くしています。
読む人によっては、ニヒリズムに走り過ぎている嫌いはあるかもしれませんが、巷間目にすることのない鋭い政治批評となっていて、何度も膝を打ちました。
たとえば、民主党政権誕生前夜の自民党の状態について、高橋さんは「小泉さんのところで死ぬ予定だったのに、延命装置で薬ガンガン打たれて、無理矢理生かされて。安倍さんも福田さんも『早く呼吸器外してくれ』って、ふたりとも自ら外したのに」ですって(笑)。「ゴルバチョフが小泉だった」なんて卓見だと思います。
一方、民主党の致命傷は「日本語下手」とか。
「日本語が下手っていうのが、民主党が対抗的な、自民党の生産的な対話者になれない最大の理由なんだと思う。菅直人も、鳩山由紀夫もダメだしね。とにかくみんな言葉が下手なのよ、コロキアルな言葉がね。それは自民党のほうが達者だよ。政策のホット・ポイントを『あ、これはですね、平たく言えばこういうことなんですよね』って、普通の人にわかった気にさせる技術は」(内田さん)
菅政権発足時の支持率が66%(!)だったことについては、内田さんが次のように指摘しています。
「現に菅直人は、前政権の副総理で財務相だったわけで、もし鳩山内閣が政策的にダメで、機能不全だったとすれば、副総理はその共同責任者でしょう。逆にもし彼が、鳩山時代には影響力をまったく行使できなくて、本当はやりたいことがあったのだができなかったということであれば、副総理でありながら、総理大臣の政策決定に関与できなかった無能な政治家ってことになる」
本当にその通りですね。
「小沢さんは吉本隆明だ」というのも、すごい洞察力だなと感服します。
「大衆の原像を抱えているから、どんなに敗北してもくじけない」(高橋さん)
「(小沢さんは)検察・霞ヶ関・マスコミっていう、日本のエスタブリッシュメントに対するある種の批評性なんだよ」(内田さん)
なるほどなぁ、と思いました。
ほかにも、いろいろありますが、そろそろ疲れてきたので止めます。忙しいし(なら、レビューなんて書くな)。
参院選が近付いてきたので、あらためて政治について考えようと本書を手に取った次第ですが、率直な感想は「そりゃ、政治不信も深まるわけだ」でした。おしまい。

レビュー投稿日
2013年6月25日
読了日
2013年6月25日
本棚登録日
2013年6月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『沈む日本を愛せますか?』のレビューをもっとみる

『沈む日本を愛せますか?』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする