図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)

4.46
  • (2795)
  • (1477)
  • (439)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15131
レビュー : 1016
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
スグル日和さん 小説(架空現代設定)   読み終わった 

小説家の当麻先生を良化委員会から護衛せよ、という任務戦。
図書館戦争シリーズは恋愛要素より、法律解釈や司法対決とかが楽しみなおれ。今回は遂に最高裁判決も出て面白かった。是非とも最高裁には違憲の反対意見が出てほしかったところ。良化委員会に有利な情勢が不利になっていくのは圧巻!
当麻先生カッコ良いね。「大丈夫ですよ」とか言わないところがいい。

今回注目すべきは郁に傘を差し出す優しい良化隊員が出てきたところだね。これまで良化隊員は皆頭おかしいみたいな描写だったから。でも、良化委員会側の正当な主張に触れないのはやはりフェアじゃない。後書きみるとわざとみたいだけど…

ってか付き合うって結婚かよ!!笑

レビュー投稿日
2013年1月2日
読了日
2013年1月2日
本棚登録日
2013年1月2日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) ...』のレビューをもっとみる

『図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)』にスグル日和さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする