不連続殺人事件 (角川文庫クラシックス さ 2-3)

3.29
  • (8)
  • (18)
  • (71)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 217
レビュー : 23
著者 :
砂糖さん  未設定  読み終わった 

・言葉通りの推理小説
・『扉を糸に結んで自然にしまる装置をするとか、密室の殺人を装うとか、そういう小細工は小細工自身がすでに足跡というものでさア。すでに一つの心理を語っているではありませんか。』-p181

レビュー投稿日
2013年8月13日
読了日
2013年8月13日
本棚登録日
2013年8月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『不連続殺人事件 (角川文庫クラシックス ...』のレビューをもっとみる

『不連続殺人事件 (角川文庫クラシックス さ 2-3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする