生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想 (星海社新書)

著者 :
  • 星海社 (2019年12月27日発売)
4.04
  • (48)
  • (44)
  • (27)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 1234
感想 : 65

【感想】
「ネガティブなのになぜか勇気づけられる」

それがシオランの思想だ。筆者が次のとおり述べている言葉を参考にすると、その理由がグッと理解しやすくなるかもしれない。

「(シオランが述べていることに対して)野蛮であるとか、非道徳的であると思う人がいるかも知れないが、それは私達が現実にやっていること以外の何物でもない。シオランはそれを、悪趣味とは言えそうだが、抉り出して私達に見せつけているにすぎない。」

シオランの言葉には不思議な説得力がある。それはデータや経験則で説明するからではなく、我々が暗黙のうちに承知し目を背けている「真理」に、はばかり無く土足で踏み込んでくるからだ。
成功者の自伝は眉唾であるが、失敗者の自伝には共感できるポイントが多い。「成功するための秘訣」とは違い、失敗者の嘆きには時代性を超えた普遍的な教訓が宿っている。「そもそも何もしなければ、悪は起こらない」「すべては無意味」といった彼の思想は、仏教を始めとした各種宗教が提唱してきたおなじみの教訓である。ペシミズムはそうした当たり前の事実を現代風に解釈する思想であり、そこには古き良き安心感が根を下ろしている、と言うべきかもしれない。

シオランの思想と同様に、筆者の「ペシミズムとの向き合い方」の自論も、なかなか説得力があって素敵だ。あまり服用しすぎると毒になるため、「生きる知恵」として、己の心にとどめておく程度がよい。入れ込みすぎず、距離を置き、苦しくなったときに薬として少しだけ飲むのが良い。

現代社会は進歩主義である。生きる以上何かを成し遂げねばならず、一日たりとも歩みを止めてはいけない。現代人は「意味」をとにかく追求するため、その過程で過熱した精神が悲鳴をあげることもあるだろう。そんなときはシオランの著作を読んで、その無意味性に思いをはせてみるのもいいかもしれない。


【本書のまとめ】
ペシミズムであるシオランは、あらゆることは無意味だと考え、社会や生を忌み嫌う人間であった。彼は「解脱」と「生まれないこと」に救済を見出していたが、それは当然不可能な行為である。
しかし、全てが無に帰すと考えれば、もはや怖いものはない。ペシミズムは裏を返せば無限の可能性を秘める思想であり、生きる知恵なのだ。


【本書の概要】
1 怠惰について
シオランの思想のひとつ:労働の拒否と怠惰の礼賛
シオランは、怠惰は確かに悪徳であるが、「高貴な」悪徳であると言った。ここでの怠惰は労働に対するものだけでなく、活動や行為一般に対するものも指す。

怠惰とは、何かをすることそのものの拒否である。始まりをもたらす行為の拒否であり、存在の拒否である。
この「行為の拒否」としての怠惰は、社会的観点から見れば、労働も含めた社会的役割を担うことの拒否となるが、ある意味では殺人よりも世間から忌避される。殺人は他の社会的活動と同じように、生き生きとしたエネルギーのある行動だからだ。
私達のいる世界は、みんなが全力を出しながら、交互に奴隷になったり暴君になったりしている。

シオランが怠惰を高貴としたのは、怠惰な人間にはエネルギーや生命力がないため、それらが必要な行為から帰結する悪に手を染めないからだ。健全な善人である。

ここからシオランは一歩進む。「そもそも何もしなければ、悪は起こらない」。それがゆえに怠惰を美徳としているのだ。


2 自殺
自殺するつもりだと考えることは健康にいい。
私達は、望めばいつでも自殺することができる。いつでも逃げ道が用意されていると考えることで、自分の人生を自分で支配している感覚が生まれる。また、いつでも自殺できると考えることで、残りの人生が一種の余生になる。破綻した人生の延長戦には何をしてもよく、自殺とは「解放の手段」なのだ。
自殺だけが、選択して生まれてきたわけではない私達に可能な、唯一の返答である。

シオランは、人生は自殺の遅延であると思っていた。「生きることこそ立派だ」と我々は思うかもしれない。しかし、自殺という観念にすがって生きることは、本当に自殺するまでの「短いが確かな綱」が確実に機能しているといえる。


3 憎悪と衰弱
生きるというのは、本当の意味では他者を拒絶することである。
この世が対立で満ちているのは、私たちの意志が個人個人で異なり、社会のなかで多様だからである。
不正は、対立相手を凌駕しようという意志から生まれる。何かを成し遂げよう、何かに秀でようとするとき、その意志は他人の意志とぶつからざるを得ない。悪徳や敵対感情が我々に意志とエネルギーを与え、憎しみが自らを活動的にする。

あらゆる対立の立場から身を引く「中立」の態度は、決定することができない無力なものであり、無関心と同義である。
対立から身を置いた人間は、衰弱が起こる。ただし衰弱は悪いことではなく、衰弱によって人は人に寛容になれるし、自由も享受することができる。
生きることの意味は、対立の中に身を置いて、錯乱した世界の中を切り抜けていくことだ。それには他者を拒絶することが必要である。
反対に、生きることをあきらめ衰弱することによって、人は善良となり、他者を傷つけず、他者を拒絶しないことが可能になる。


4 文明と衰退
人間と同様に、民族や文明が成功するにも悪徳が必要である。帝国などの生き生きとした民族(強い民族)は排他的で野蛮だ。
対して、自由で寛容な国家を実現するのは、各人が異なる意見、異なる文化、異なる生き方を持つことを尊重する国である。このような自由化は衰弱のプロセスである。ちょうど健康な人間が、病気になって初めて、自分が健康だったことを意識するのと同じように、衰弱に陥っている人間のみが、自分が生きていることを強く意識する。
しかしながら、完全な自由社会は、あらゆる超越的なものを押し付けず個人に委ねてしまうから、神秘も絶対も秩序も除去してしまう。そして、個人性を極めた先にある何かすら、自由社会は遺棄してしまう。

人が無関心の能力を失うとき――誰もが他人に自分の考えを強制しようとするとき――、自由が危険にさらされる。
自由社会は成員が堕落していないと維持できない。そして政治体制もある程度腐敗している必要がある。なぜなら、堕落した社会は他人の堕落にも寛容であるが、いっぽう一切堕落を許さない政治体制とは、他人にも堕落を許さない不寛容な政治体制だからだ。


5 人生のむなしさ
人生がむなしい理由のひとつは、私達のやることが結局は無に帰すからだ。一切は徒労であり、徒労と知りつつ自分の行為を果たすことすら徒労である。
しかし面白いことに、一切は徒労であると断言すると、人生の何もかもが気晴らしになる。「それが何になる?」という問いは、この世の真理だ。

死は有効性と無効性の両方を正当化する。私達は、「いずれ死んでしまう」という事実から、「死ぬ前に何かをやらなければならない」という答えを引き出せるし、逆に、「どうせ死ぬのだから何をやっても意味が無い」という結論も引き出せる。いずれにせよ、死はあなたを助けてくれる。
人生には目的が無いが、無いからこそ何でもできる。むしろ目的を与えられているから、何かをやらなければならずに苦しんでいるのではないか?


6 病気と敗北
人生とは病気と苦しみと挫折の連続である。
シオランは、苦しみにはただひとつの目的、つまり、目を見開かせ、精神を覚醒させ、認識を深めることがあると言った。
病気には実在性がある。逆に、健康である限り、人は自分の存在に気付かない。
病気がこんなにも実在性を帯びているのは、それが苦しみをもたらすからで、わたしが生きており、不幸だと知らせるからである。

シオランはいつも勝者よりも敗者のほうを好んできた。勝利者は成功により舞い上がり、うぬぼれを得、自分について幻想を膨らませる。失敗はつねに人を待ち構えているというのに。
そういう人は、いざ失敗に襲われた後も、つねに過去の成功に固執し、より惨めになっていく。これに対して、失敗と挫折は、自分自身についてのはるかに正確な見方を与えてくれる。
人生においては敗北のほうが重要である。言い換えれば、敗北は嘘くさくない。
そして、死は敗者にとって多少肯定的側面がある。死は解放だからだ。勝者はその逆である。死は敗者よりも勝者にとって、もっとも脅威である。
敗北につぐ敗北を耐えてのける唯一の方策は、「敗北」をそのものとして愛することだ。そうなればもはや不意打ちを食らうこともない。生起するあらゆる事態よりも優位に立ち、おのが挫折を支配できる。無敵の被害者だ。


7 シオランはどういう思想家だったのか?
筆者の大谷氏は、「シオランは失敗した、挫折した、中途半端な思想家であり、だからこそ素晴らしい」と述べている。

何故シオランは中途半端なのか?
それは、彼が思想それ自体に挫折しているからだ。

彼は生きることにうんざりしていたが、死にたいとは思っていなかった。彼にとって、死は生に内在するものであった。死ぬためには生きている必要があるのだから当たり前だ。
死の生への内在性を形式してくれるのが病気と鬱である。言い換えれば、人は死と格闘することで、人生を真剣に生きられるのだ。

しかし、死に近づけば近づく程このうえなく生を意識し、本当の人生を充実させてしまうということは、どうすれば生からも死からも解放されるのか?
ここで出てくるのが、「解脱」と「生まれないこと」である。

後者は簡単だ。いわゆる反出生主義であり、あのシオランでさえ子どもを作らないことには成功している。
やっかいなのは前者だ。解脱とは、人生および現世からの解放である。生きたまま生を放棄することであり、人生の悪すべてを、人生ごと脱却し、人生と現世から解放できる。
ネガティブなもの全てから離れ、ネガティブなものがポジティブなものに奉仕するという事態をひっくり返し、生そのものを克服する。行為という行為に重要性を置かずに行為する境地、感心か無関心かに関心がないような境地のことを、シオランはそれぞれ「無為」「無関心」と呼んだ。
これらに完全に接近した者は、もはや自分の感情や感覚のみならず、自我そのものからも解放されている。究極の中立であり衰弱の状態なのだ。

とは言っても、解脱なんて可能なのか?
シオランは一部の限られた人間(仏陀など)には可能だが、現代人にはまず不可能だと言う。

そもそも、解脱においては何もかもが無に帰すと彼は考えていたにも関わらず、苦しみは確かに実在すると認めていた。
また、人生と世界に対する嫌悪こそペシミストの存在意義であったが、これとも袂を分かつことができなかった。

シオランが中途半端で、思想そのものに挫折しているという理由は、この「解脱の思想」から読み取れる。彼は解脱を、「現世や人生のあらゆる悪に効くもの」だと考えていたが、自分自身でその有効性を否定していたのだ。

ペシミストは「人生から救われよう」と試みるが、結局は救済がありえないことだと思い知らされ、人生のなかに再度放りだされる。「生まれない」という選択肢を選ぶことが完全に不可能な以上、もはやペシミストにやるべきことはない。
ただし、逆説的だが、あらゆる行為の等価性と無意味性が、ペシミストにあらゆる行為を可能にさせる。「それが何になる?」には何でもできる可能性を秘めている。
シオランの言葉を使えば、ペシミズムとは「生きる知恵」なのだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年3月11日
読了日 : 2021年3月5日
本棚登録日 : 2021年3月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする