超バカの壁 (新潮新書 (149))

3.32
  • (88)
  • (226)
  • (610)
  • (54)
  • (16)
本棚登録 : 2228
レビュー : 231
著者 :
suke0912さん  未設定  読み終わった 

バカの壁に続く、著書。
それぞれの時事ネタに養老先生の考えを混ぜ込み、それぞれ本質とも言えるくらい、バシバシと切っていく面白い本だと感じた。
中でも、予防と対策という話が印象に残っている。
物事のうまくいっているときは、振り返らないのに、うまくいかないときはすぐに振り返る。一見普通の考えではあるが、日常的な仕事では、うまくいっているときの振り返りは少ないように感じる。
そのため、対策で仕事をし、予防には、あまり触れない印象。うまくいっているときも振り返り(予防し、)、問題が起きてから対策する回数を減らす。
その意識を持って仕事をすべきだと感じた著書だった

レビュー投稿日
2017年5月19日
読了日
2017年5月19日
本棚登録日
2017年5月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『超バカの壁 (新潮新書 (149))』のレビューをもっとみる

『超バカの壁 (新潮新書 (149))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする