人質の朗読会

3.66
  • (250)
  • (498)
  • (448)
  • (91)
  • (24)
本棚登録 : 3024
レビュー : 622
著者 :
sullyさん  未設定  読み終わった 

文庫版が出たので再読。

印象深かったのは、やまびこビスケットと冬眠中のヤマネ。癖があり世に背かれてしまうような偏屈さをもつ老人と交流する若者の姿が好きだ。記憶からいつまでも消えない日常の中の些細な非日常を、自分を構成する大切な要素として語る、しかも命の危険に晒されているときに、というのは凄い発想力だと思う。さすが小川洋子。大好きです。

レビュー投稿日
2014年3月15日
読了日
2014年3月15日
本棚登録日
2014年3月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人質の朗読会』のレビューをもっとみる

『人質の朗読会』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする