読書状況 読み終わった [2013年12月8日]

読書状況 読み終わった [2013年12月8日]

読書状況 読み終わった [2013年11月28日]
カテゴリ ラノベ

読書状況 読み終わった [2013年11月28日]

読書状況 読み終わった [2013年11月6日]

読書状況 読み終わった [2013年8月9日]
カテゴリ ラノベ

読書状況 読み終わった [2013年8月9日]
カテゴリ ラノベ

読書状況 読み終わった [2013年6月26日]

「小市民シリーズ」一作目

古典部シリーズに続きまして、米澤さんの学園ミステリーに手を出してみた

古典部シリーズから感じてたけども、キャラクターの個性が強く、その分非常に読みやすい。極端に言えばラノベのような?
ちょっと話がずれますが、この本は創元推理文庫からでてます。創元推理文庫といえばページいっぱいに小さな文字が詰まってるのが特徴。講談社さんから出していたらもう少し厚い本になっていたでしょう←

そんな分量がまぁまぁある(と思われる)本書ですが、滞ることなくスッキリ読めました。
平凡などこにでもある、でもたまに起伏のあるちょっとミステリーな青春。
まだまだ物語の深みは増しそうで、続きの気になる作品でした。

2013年6月25日

読書状況 読み終わった [2013年6月25日]
カテゴリ ミステリー

読書状況 読み終わった [2013年6月8日]

有機化学と恋愛と、ファンタジーが混じったらどんな小説ができるのか

理系の人にしかよくわからないのではないか?という疑問があったけども、そんなことはない
理系成分は言葉だけであって、内容は考えなくても大丈夫(笑)
どちらかというと、少しのミステリーと恋愛と少しの有機といった感じ?

ただ、このミステリーの要素がこの作品の長所であり短所でもあると感じた

オチ自体はおもしろかったのだけど、最後にぶちこんでしまったために少し急展開すぎたのではないかなーと

人によって、このオチの捉え方は様々だと思うので、一読の価値はありだと思います!

2013年5月29日

読書状況 読み終わった [2013年5月29日]
カテゴリ 恋愛
読書状況 読み終わった [2013年5月23日]
読書状況 読み終わった [2013年5月21日]

有川さん、定番の自衛隊恋愛もの!

若い恋から夫婦の愛まで、広い世代の恋愛物語が描かれていました!
ただ、有川さんの自衛隊ものが他のものとは違うのは、リアルを感じれるとこ、だと思う
なによりそれを感じれたのが、「広報官、走る!」でした。
入念な取材をしたんだなぁ、というのがひしひしと伝わってきました!
そんなリアルが含まれているからこそ、そんなベタ甘あるのか!(笑)っていうのが、リアルに違和感なく感じれるのだろうなぁ、と思いました。

2013年5月21日

読書状況 読み終わった [2013年5月21日]
カテゴリ 恋愛
読書状況 読み終わった [2013年4月22日]
読書状況 読み終わった [2013年4月22日]
読書状況 読み終わった [2013年4月22日]
読書状況 読み終わった [2013年4月22日]
読書状況 読み終わった [2013年4月22日]

またまた出ました

伊坂さんの二段階オチ

最初に、有る程度わかり易いオチを用意しといて
最後に、とんでもないオチを残していく

今回、そんな伏線あったかなと、思い返してみると確かに合った気がする。

この本を読んで思い浮かべたのは、かの有名なアイルランドの風刺小説だ

おそらく十中八九この小説を思い浮かべるのではないか

ぜひ一度読んでみては

2013年1月25日

読書状況 読み終わった [2013年1月25日]
カテゴリ ミステリー

あいかわらず阿呆な話だったw

京都の大学生の視点から語られる、堅苦しくもばかばかしい文体は、やっぱりたまらなく好きだなぁ

とくに、「蝸牛の角」はお気に入り
ぜひ、アニメ化してほしいくらい頭の中に情景が浮かんだ
四畳半神話体系が読める人はぜひこれも読んで欲しいw

2012年12月29日

読書状況 読み終わった [2012年12月29日]

“実はお父さん、浮気をしていました”

こんな出だしから始まる伊坂さんの最新作、残り全部バケーション
その後の展開を期待させるのには十分でした!

今回は、共通の世界観のなか描かれる5章からなる物語

AとつながるB、BとつながるC、CとつながるD、DとつながるEのように、連鎖的に、物語がつながってく感覚は、さすが伊坂さん! といったところ♪

そして、EからAとつながっていって・・・

この物語の中心には、ある人物の心情がひっそりと、隠れてるような気がします

ぜひそれを感じながら読んでみてもいいかもしれません

伊坂さんの次の作品をワクワクしながら待ちます!

2012年12月9日

読書状況 読み終わった [2012年12月9日]
カテゴリ ミステリー

伏 読了ーです

正直いうと・・・、ちょっとよくわからなかった。
結局どう完結したのか、話の中に要素が詰め込まれすぎて
それぞれの要素がどう完結したのか・・・把握しづらかった。
一気に読めば、いけたのかもしれないけど、それをするにも分量がけっこう多いので・・・
素直に冒険活劇として読む分には申し分ないのだけど、ちょっと自分としては、いまいちでした。

2012年12月5日

読書状況 読み終わった [2012年12月5日]
ツイートする