追想の探偵

3.38
  • (7)
  • (25)
  • (32)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 188
レビュー : 41
著者 :
スミソニアンさん  未設定  読み終わった 

特撮愛にあふれ、仕事に対してのひたむきさも感じる。

『特撮旬報』の神部実花は「人捜しの神部」と言われている。

1970-80年代に特撮で活躍していた人で今でも映像や表現の舞台で残っている人は少ない。その人を探し出すのだから困難さが伴う。なのに神部は見つけ出す。

そこには特別な方法はない。
しらみつぶしに可能性に当たっていくだけである。

なぜそこまでして見つけ出すの?と言われればそれが私の仕事ですからと答える。
(現にいなくなった人のインタビュー記事が雑誌に乗ればその号の売り上げには関係する)

表舞台から去った人々の思いを捜し当てた時に、あぁ神部さんありがとうとなる。

レビュー投稿日
2017年9月26日
読了日
2017年9月24日
本棚登録日
2017年9月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『追想の探偵』のレビューをもっとみる

『追想の探偵』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする