向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

3.17
  • (824)
  • (1833)
  • (2596)
  • (1240)
  • (513)
本棚登録 : 16983
レビュー : 2466
著者 :
サマーさん  未設定  読み終わった 

これぞ道尾秀介ってあらすじ。
主人公の名前がミチオだし、死んだ同級生の名前はS君だし。笑。

タイトルが「夏の庭」っぽいのと、文庫本の裏表紙のあらすじ書きが小学生の冒険譚みたいな感じに書かれてるので、「夏の100冊!」みたいな、夏休みに読むべきさわやかなやつだと期待して読むと、結構キツイと思う。

でも、私は好きだ。
こういう倒錯した話。
3歳の妹があんなに理路整然と話すわけないのと、ミチオがとっさにつく嘘がうますぎて、当初からミチオおかしい…と思うので、「騙されたぁ」感はそれほどないものの、いい具合に倒錯してるよなぁ。

最後まで読んでから、また最初に戻ってプロローグを読むことをオススメしたい。

レビュー投稿日
2019年6月13日
読了日
2019年6月13日
本棚登録日
2019年6月2日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする