[テメレア戦記] I 気高き王家の翼

4.18
  • (64)
  • (38)
  • (33)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 351
レビュー : 50
すなふさん 海外小説   読み終わった 

ドラゴンに戦争に舞台はイギリス、フランスと、よくあるファンタジーですが、そこに、ナポレオン時代の史実と絡ませたり、主人公の設定が、よくある「未熟な主人公の成長物語」ではなく、元海軍艦長というところが興味を惹きます。

こういったファンタジー物の、読んでて楽しいかどうかに、主人公が馬鹿げた行動を取らないかというところは結構大事だと思うんです。
主人公が意にそぐわない性格であった場合、感情移入したり、その世界に入り込むのは難しい。

テメレア戦記の主人公、ローレンスは、その点落ち着いた思慮深いと思える行動を選択してくれますので、ストレスなく感情移入することも可能です。

翻訳の特徴か、ドラゴンの話し方に少し違和感があったりはしますが、差し置いて読めるくらい楽しめる物語展開、登場人物だと思いますよ!
続編が結構あるようなので、すぐにでも次を読みたくなりました。

レビュー投稿日
2012年7月28日
読了日
2012年7月28日
本棚登録日
2012年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『[テメレア戦記] I 気高き王家の翼』のレビューをもっとみる

『[テメレア戦記] I 気高き王家の翼』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする