三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

3.96
  • (144)
  • (146)
  • (154)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1177
レビュー : 66
著者 :
すなふさん 歴史・時代小説   読み終わった 

いよいよ、孔明の登場という巻で、どういった人物に書かれているのかすごく楽しみでした。あるいみ予想通りなくらいに人間臭く描かれていて、さすがという感じです。

そして長坂橋。合戦の時の一人称描写は、勢いがあってすごいと思います。特に退却戦の時の文章は迫力です。

レビュー投稿日
2012年6月29日
読了日
2012年6月29日
本棚登録日
2012年6月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小...』のレビューをもっとみる

『三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする