三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

3.94
  • (136)
  • (140)
  • (151)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1230
レビュー : 55
著者 :
すなふさん 歴史・時代小説   読み終わった 

周瑜が、荀彧が、龐統が・・・という巻。

演義などでは、荀彧は後年そうとう疎まれていたという印象が強かった気がしますが、こちらではそういう方向性ではなく。
最後まで認め合いながら、ただ1つだけ譲れない部分が表面化した瞬間に、荀彧が深読みしすぎたという印象。

確かこうだったよな?というエピソードが、どんなカタチで語られるかも、楽しんでしまえるところが魅力になってきます。

レビュー投稿日
2012年7月13日
読了日
2012年7月12日
本棚登録日
2012年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小...』のレビューをもっとみる

『三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする