三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

3.95
  • (129)
  • (136)
  • (142)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1132
レビュー : 57
著者 :
すなふさん 歴史・時代小説   読み終わった 

関羽の巻。とはいうものの、北方三国志では、どちらかというと張飛の印象が強く描かれていて、関羽に焦点があたる頻度としては少なめ。
それが、より関羽の寂しさを表しているような気がします。

先を見ず、ただ自分の思う領土の所有にだけ拘って、裏切った孫権の小ささが読んでて虚しい。

レビュー投稿日
2012年7月13日
読了日
2012年7月12日
本棚登録日
2012年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―...』のレビューをもっとみる

『三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする