三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

3.96
  • (131)
  • (127)
  • (144)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1104
レビュー : 55
著者 :
すなふさん 歴史・時代小説   読み終わった 

劉備逝く。
失意のまま倒れる、という一文で扱われている劉備の死が、最後の最後まで戦ったというエピソードに。
北方さんのオリジナルの人物と関わっていくところは、ワクワクさせられます。

馬超は、五虎大将軍と言われるのが、後世の作だと示すような人物像ですね。

レビュー投稿日
2012年7月13日
読了日
2012年7月13日
本棚登録日
2012年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫...』のレビューをもっとみる

『三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする