陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

3.39
  • (233)
  • (328)
  • (1140)
  • (67)
  • (17)
本棚登録 : 3249
レビュー : 301
著者 :
キタさん ミステリ   読み終わった 

関口さんへの好感度がうなぎ昇りの一冊
がんばった!えらい!!
榎木津が関口さんの下の名前を覚えてることに感動して
京極堂は知人だ友人じゃないなんていいつつ関口さんの為に仕事を断らずわざわざ白樺湖まで行くし
なんだかんだいってもあの人たち、仲良いですね!
今までのシリーズの中で一番面白かったです^^

常識のズレというものは怖いものだと思いました

レビュー投稿日
2012年10月9日
読了日
-
本棚登録日
2012年10月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談...』のレビューをもっとみる

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)』にキタさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする