東洋の理想 (講談社学術文庫)

3.40
  • (6)
  • (7)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 199
レビュー : 11
著者 :
国中千鶴さん 趣味の本。   読み終わった 

仏教を中心にして書く。
アジア全体の文化史。
どこからその文様やら思考やらは生まれ、どこでどんな発展をして、日本ではどう受け入れられたのか。
岡倉天心が各時代の文化をどう見ているのかが印象深い。
最後にある明治時代、展望という2つの章にも考えさせられる。
富国強兵の後、日本はどんな状態で戦争へと突入したのか。
戦前の状況とはどんなものだったのか。

レビュー投稿日
2016年8月7日
読了日
2016年8月7日
本棚登録日
2016年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする