虚空の旅人 (新潮文庫)

4.20
  • (734)
  • (709)
  • (347)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 4438
レビュー : 445
著者 :
たなたなさん  未設定  読み終わった 

シリーズ一巻では、守られる側であったチャグムが、今度は皇太子として、また、熱き純粋な心を持った青年として、サンガル帝国を舞台に描かれる政争に身を投じる。
チャグムやタルサンの幼さ、と表現されるそれは、確かに幼いといえるものなのだが、どんな人にも、価値判断の根底にそういうものはあって欲しい、本書を読んでいて、そのように思った。チャグムもタルサンもこれからその純粋な熱さと現実の狭間で思い悩み、苦闘するのであろうが、ファンタジー世界くらいはこういう純粋な人間がいてくれると、そして、シュガをはじめとした協力者がいてくれると、なんともほっとするものである。
一巻から読み進めていると、最後のチャグムからシュガへの語りは、なんとも感慨深いものである。

レビュー投稿日
2019年5月22日
読了日
2019年5月22日
本棚登録日
2019年5月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『虚空の旅人 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする