鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈4〉 (電撃文庫)

3.82
  • (55)
  • (43)
  • (85)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 548
レビュー : 30
著者 :
制作 : テクノサマタ 
珠桜さん 電撃文庫   読み終わった 

絵のヌードモデル、引きこもり新鋭画家、女装の麗人、ゴスロリ小学生、ネコの着ぐるみ、妄想癖の美女、不気味な双子の老人たちーー〈鳥籠荘〉に棲みついたちょっとおかしな住人たちの、だいたいフツーでだいぶおかしな日常をつづる物語第4弾。ーー今回のお話は、着ぐるみパパがお見合い!?山田家と加地家を巻きこんだちっちゃな事件簿(第1話)。浅井と由起の弟妹がやってきた。ところが浅井と由起が大喧嘩して……(第2話)。鳥籠荘随一の変人・へれんさんのフィアンセ登場。しかしへれんさんはフィアンセを拉致監禁!?(第3話)。浅井がキズナにモデルの解雇を通告、さらに鳥籠荘から住人立ち退きの噂がーーなど急展開の全5編を収録。


***


小説を完結まで読む前にコミックの方を読んでしまったので大体の流れは理解してしまったけれども。もうすぐ完結かのような流れです。

今回の浅井さんと由起とキズナは、由起が積極的。つーかエロい?男の色気も女の色気も出せるなんてずるいよなぁ。
でも中で指摘されてたように、彼はいろいろと矛盾屋さん。キズナを取り上げたいのか、浅井さんを大切にしたいのか、どっちつかずの行動を取ります。しかしキズナが捕まったって聞いてすぐに駆けつけたり(しかもバイト中の女装姿のままで)慰めたり、甲斐甲斐しく世話を焼いたり、一緒に住もうなんて言ってみたり、それなりに好きだと思うんだけどなぁ。

ところで野球ドームに無理矢理?ついていこうとした浅井さんとか、キズナに向かって飛んでくるホームランボールを浅井さんと由起、二人で同時に取ったりとか、こかげとひよりから「二人のお嫁さんになってもいいよ」的なことを言われたりしたのには萌えましたので、2対1というのはダメでしょうか。浅井→キズナ←由起で続けるスタンスではダメでしょうか。好きなんだがそういうの!きゅんきゅんしますな!

浅井さんが段々キズナを気にかけてるのがわかる。でもやっぱり浅井さんの心を占めるのは皆子さんが大体だったりして、由起としては気持ちがはっきりしてないのにキズナをその気にさせないでよとかそう思ってるんだろうな。
でも浅井さん自身皆子さんが薄れてきてるみたい?嫌がってたけども。いいじゃんね、個展で溜め込んでた思い全部吐き出したんだから、次からはキズナを描けばね。

留学だとかキズナの渡英だとか、果たして二人の関係はどうなるのかしら(漫画版読んだんじゃなかったんかい)

後はあれですね、加地くんがかなり華乃子を意識してたのが可愛かった!もし加地ママとパパが結婚とかしちゃったら、加地くん大変そうだなぁ。色々もんもんとしてアレな道に走ったりしないかな。禁断の義理兄妹愛!
相変わらず気になるのがパパの中身…。明かされるんかなぁ。

へれんさんのフィアンセ、アヤヒコさんは愛が深い人。毒殺未遂やらなにやらで病院に何度もお世話になってるのに、それでもへれんさんと結婚したんだからすごい。
段々扱いがこなれてきた感があってよかった!それだけへれんさんは美人なんだろうな。
ていうか無害な時のへれんさんの微笑みと物語ごっこ中の狂気的なへれんさんとのギャップに落ちたのではないかと私は考える。なんだかんだで顔見てぽわぽわしてたし。あ、身体見てもぽわぽわしてたか。
でもほら…愛だよ、愛!←

色々と終わりに向けて加速するお話が気になる!ということで☆5!

レビュー投稿日
2012年9月11日
読了日
2012年9月11日
本棚登録日
2012年9月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈4〉 (電...』のレビューをもっとみる

ツイートする