南欧怪談三題 (転換期を読む)

3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
suzuki-takefumiさん 小説   読み終わった 

「亡者のお彌撤」は舞台を日本に変えてもしっくり来そうな怪談話。「ヰギヱの女神」は「石の夢」の導入部がこの怪談ネタを使っていたのを思い出した。いずれも怪談話というよりは怪異譚。気楽にそこそこ面白い。

レビュー投稿日
2013年2月4日
読了日
2013年2月4日
本棚登録日
2013年2月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『南欧怪談三題 (転換期を読む)』のレビューをもっとみる

『南欧怪談三題 (転換期を読む)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『南欧怪談三題 (転換期を読む)』にsuzuki-takefumiさんがつけたタグ

ツイートする