金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(2) (講談社コミックス)

  • 講談社 (2012年10月17日発売)
3.50
  • (16)
  • (37)
  • (56)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 543
感想 : 26
4

従妹の漫画。
前半は人喰い研究所の解決編。「できなかった」と言う繭の本音は、人間らしさがあってよかった。中神さん、繭の代わりにしたって意味が含まれてるのかも。中学時代に繭が渡した暗号の答えは何なんだ。字数的に告白?
後半の舞台は香港。美雪そっくりの少女が登場。表紙の違和感の正体が判明した。事件のスケールが大きくなってるのは20周年仕様かな。剣持警部も明智警視も一瞬出てきた。
シリーズがキリよく終わってなくて、もどかしい。事件毎に収録してほしい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社
感想投稿日 : 2013年1月1日
読了日 : 2013年1月1日
本棚登録日 : 2013年1月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする