進撃の巨人(9) (講談社コミックス)

4.03
  • (292)
  • (381)
  • (214)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 4082
レビュー : 167
著者 :
幸音さん 講談社   読み終わった 

名前不詳だった彼女の名前が判明したり、サシャが格好よかったり、表紙の獣の毛に覆われた新しいタイプの巨人が登場するなど、終始目まぐるしかった。
面白いというよりむしろ、謎が謎を呼ぶから続きが気になって仕方ない方が大きい。コニーの故郷の村にいた巨人と、巨人達が壊した村に血も死体もないというのも気になる。どういうことなの。もしかして考えてることが当たる?そして、じわじわと104期の個々のメンバーの内面が。
嘘予告のミカサのプロフィールになんだか和んだ。
リヴァイ兵長の出番少なくて残念。

レビュー投稿日
2012年12月8日
読了日
2012年12月8日
本棚登録日
2012年12月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(9) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(9) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする