闇のなかの祝祭 (角川文庫 緑 205-2)

著者 :
  • KADOKAWA
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 11
感想 : 1
3

奈々子と妻・草子。二人の女の間をボールのように舞う男──。モデル問題で騒がれた表題作のほか、同じ人物構成による、男にとっての女を描いた好短編「風呂焚く男」「青い花」「家屋について」の3話を収録

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: や行の作家
感想投稿日 : 2007年5月24日
読了日 : 2007年5月24日
本棚登録日 : 2007年5月24日

みんなの感想をみる

ツイートする