小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)

3.62
  • (66)
  • (80)
  • (150)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 932
レビュー : 109
著者 :
黄色いひよこさん つながり   読み終わった 

これを読んで、また一層有島武郎を好きになった。
自然の逞しさや優美さを描き出すと同時に、人の心のこころもとない揺れ動きも捉えているからだ。
世界と自分を結びつける共感のあり方、これについての彼の表現が心にすとんと落ちてくる。

彼がアメリカ留学から帰国する際の愛読書が「アンナ・カレーニナ」だったことは興味深いなぁ。彼の短編「親子」も読んでみたい。

レビュー投稿日
2011年5月10日
読了日
2011年5月10日
本棚登録日
2011年5月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする