馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文庫)

3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
制作 : 土屋 京子 
syikiさん ファンタジー   読み終わった 

 もの言う馬と少年少女が、ナルニアを目指す旅の一部始終。
 馬のブリーが経験する感情や、気持ちの変化する様子がとてもいい。なんというか、含蓄に富んでいる。シャスタに乗馬を教え、道を示し、誇り高く、物知りな馬として語らっていたのが、シャスタの勇気ある行動(ライオンに素手で立ち向かう!)を目の当たりにし、そのうえ自分は命おしさに逃げることしか考えていなかった、とすっかりうちのめされてしまうのだ。
 立場というのはいとも簡単に逆転するものであり、固定された力関係などないと思わせられる。そしてそこから、仙人やアスランに諭されて立ち直るのだ。
 プライドが高いというと悪い意味に捉えられがちだけど、人の話に耳を傾ける度量があれば、誇り高いことはけして悪いことではないんだな、と。

 「いったい、<もの言う馬>ってもんは、ゴロンゴロン寝っ転がったりするものなのかな?」
 愛すべき<もの言う馬>、ブリー!

レビュー投稿日
2017年10月22日
読了日
2017年5月
本棚登録日
2017年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文...』のレビューをもっとみる

『馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『馬と少年 ナルニア国物語3 (古典新訳文庫)』にsyikiさんがつけたタグ

ツイートする