かぐや様は告らせたい 10 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2018年6月19日発売)
4.25
  • (42)
  • (47)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1260
感想 : 18
5

 表紙は珍しく生徒会の面々。
 いつもの流れなら、四条眞妃嬢当たりが担当して、連載を読んで無い層が「誰これ?」と思うパターンのはずなのに。
 まぁ最後のページまで読むと、意味が分かる構成はさすがは「天才たちの(恋愛)頭脳戦」。

 カバー下のおまけマンガで「天才たちの恋愛頭脳戦」要素の乏しさを自虐する漫画があるわけだが。
 恋愛の一手一手を読み切り、相手の行動を制限するやり取りは、本格ミステリさながらの緊張感は十分あるのよね。
 その緊張感を10巻まで維持しているパワーがすごい。
 時折、シリアスに逃げる展開もなくもないけれど、下地ができているのでうまく溶け込んでいるし。

 絶望のあまり相手を呪い倒すかぐや嬢がいい。

 「再従祖大叔母」は検索したけれど、よくわからなかったぐらいレア続柄な気配。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年5月2日
読了日 : 2019年5月2日
本棚登録日 : 2019年5月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする