別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)

4.34
  • (2072)
  • (1349)
  • (558)
  • (65)
  • (8)
本棚登録 : 13564
レビュー : 877
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
シルルさん 小説(その他)   読み終わった 

この巻はキャラクターがそれぞれ際立つ本編の番外編。
主に脇役の二人が中心のストーリー展開。
こういうストーカー的な内容は気持ち悪くなってしまったのだけど、手塚が少しずつ変わっていくようになったのは柴崎の影響だと思うし、最終的にストーカー騒ぎがなければこういう展開になってなかったのだろうし、それはそれでありかなと思う。
ストーリーはかなり面白くて、どんどん読み進めて行けます。
全ての図書隊員にハッピーエンドが訪れる完結編です。

同じ筆者の著書で「阪急電車」があるが、これもそれぞれのキャラクターが際立つ話らしい。

レビュー投稿日
2012年5月26日
読了日
-
本棚登録日
2011年9月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ...』のレビューをもっとみる

『別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする