文明の海洋史観 (中公文庫)

3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
著者 :
syogoukiさん 教養   読み終わった 

歴史の中心は、欧州か。否。

海洋アジアから生まれたインパクトが
アジアとヨーロッパに文明をもたらしたのである。


西洋史観が一般的に語られる昨今、
その偏重した見方から脱するべきである。

東洋が見直される時代に求められる
歴史の見方が、ここにある。

いわれてみると確かにそうだと納得させられる説である。

アジアこそ、世界に伍していく力がある。


故・梅原猛氏を師匠に持つ川勝静岡県知事の
学説は、師匠に似て突飛であるが、一定の層を獲得する。
そこには日本人としての心があるのかもしれない。

さて、陸地偏重の史観から脱して、
いま海洋史観で物事、歴史を見てみてはいかがだろうか。

レビュー投稿日
2019年1月27日
読了日
2019年1月20日
本棚登録日
2019年1月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文明の海洋史観 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『文明の海洋史観 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『文明の海洋史観 (中公文庫)』にsyogoukiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする