「里」という思想 (新潮選書)

4.00
  • (13)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 9
著者 :
syouronさん 学際系   未設定

(「BOOK」データベースより)
世界を席巻したグローバリズムは、「ローカルであること」を次々に解体していった。たどりついた世界の中で、人は実体のある幸福を感じにくくなってきた。競争、発展、開発、科学や技術の進歩、合理的な認識と判断―私たちは今「近代」的なものに取り囲まれて暮らしている。本当に必要なものは手ごたえのある幸福感。そのために、人は「ローカルであること」を見直す必要があるのだ。

レビュー投稿日
2012年1月18日
本棚登録日
2010年12月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「里」という思想 (新潮選書)』のレビューをもっとみる

『「里」という思想 (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする