それから (新潮文庫)

3.66
  • (313)
  • (425)
  • (698)
  • (40)
  • (13)
本棚登録 : 4223
レビュー : 346
著者 :
むーんさん  未設定  読み終わった 

前半は途中飽きることがあったが、後半から一気に引きこまれた。主人公・代助の変化が面白い。三千代への愛が彼をこんなにも突き動かすのか、と圧倒された。最後の「赤」の描写が怖い。狂気を感じる。
三千代と会った後、百合の花をまき散らした場面が綺麗だった。月の光で白く光る花弁や百合の匂いが映画のワンシーンのように脳裏に浮かんだ。
明治時代の東京の風景がところどころに描かれていて興味深かった。資生堂や丸善って当時からあったんだなあ。

レビュー投稿日
2014年8月18日
読了日
2014年8月18日
本棚登録日
2014年8月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『それから (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『それから (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする