俳句への旅 (角川ソフィア文庫)

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
著者 :
おーやんさん  未設定  読み終わった 

入門書、通史の類はたくさんあるけれど、
グッとくるものは少ない…
きっと、客観性を重んずるあまり、著者本来の
志向が薄められているせいじゃあないだろうか。

本書は、かっこうの入門書であるように思った。
著者は真摯に俳句に対峙しながら、自身を見据えている…
それが、ひしとつたわってくるから、心揺さぶられるんだと思う。
あからさまに語ることのはずかしさ…その一方の熱い気持ち…

こんなエピソードが紹介されている…

―おのれをかえりみる暇もなく、あわただしく過ごした。
  少しうそ寒くむなしい思いがある…(テレビの対談で)…
  高峰秀子が「忙しいってはずかしいことよ」といった言葉が、
  いたく胸にこたえて、しーんとしたひとときをもった。

巻末で紹介されているのが杉田久女…そうした構成を選んだ
著者の熱い思いが感じられてならない。杉田久女は、
生涯のほとんどを九州・小倉で過ごしたという。
「炎の女」と云われた杉田久女を、もっと知りたくなった。

今年は、森鴎外の生誕150年、松本清張の没後20年にあたる…
両者のゆかりの地でもある小倉…どうやら清張の文学館も、
必見のすばらしいものであるらしい…杉田久女から、
森鴎外、松本清張を追って…今年の夏は、小倉に旅しようかな…

レビュー投稿日
2012年6月12日
読了日
2012年6月12日
本棚登録日
2012年6月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俳句への旅 (角川ソフィア文庫)』のレビューをもっとみる

『俳句への旅 (角川ソフィア文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする