東京都立大学図書館本館の本棚

<都立大教員が新入生に贈る図書2020>
他の刑法の教科書は、この本を理解してから手に取りましょう。
(法学部法学科 教員)

<都立大教員が新入生に贈る図書2021>
刑法学の権威で、最高裁判事による刑法をコンパクトにまとめた一冊。
(法学部 木村草太先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02247299

2020年6月18日

(人文社会学部 言語科学教室 矢野雅貴先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB00657076

2021年3月31日

デザインは何も芸術家だけがやるものではなく、何かを創造する際には皆が必要なマインドだと思います。何かのプロジェクトも、教育も、社会も、人生も、デザイン思考を身につけることにより、よりよいものになるでしょう。
本書はそのようなデザイン思考を身につける入門書になりますが、ハウツー本ではありません。みなさんがこれから大学で学びを深めていく上で、是非必要なマインドだと思いますので、ここに紹介いたします。デザイン思考を身につけて世界をよりよいものに変えていってください。

(人文社会学部 日本語教育学教室 奥野由紀子先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02370781

2021年3月31日

愛とは何か? 友情とは何か? 哲学を通じて友だちを作ろう。

(人文社会学部 哲学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02337552

2021年3月31日

哲学のいのちは対話にある。無知から気づきへ。知らない自分を見つけてみよう。

(人文社会学部 哲学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02384962

2021年3月31日

『世界哲学史1~8・別巻』
知を愛し求める哲学の試みは太古の昔より世界の各地で行われてきました。今ここで私たちも挑戦してみましょう。

(人文社会学部 哲学教室 教員)

【OPAC】
1巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02372197
2巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02375322
3巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02375850
4巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02379155
5巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02379157
6巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02379158
7巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02379696
8巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02381397
別巻:https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02385593

2021年3月31日

主人公ザムザにふりかかった「できごと」は、あまりにも現実離れしすぎているので、読者はこの物語を身の周りのさまざまな状況に置き換えて思い思いの読み方をすることができます。

(人文社会学部 ドイツ文学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387222

2021年3月31日

不思議な少年デーミアンとはいったい何者なのでしょうか?

(人文社会学部 ドイツ文学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387223

2021年3月31日

児童書とあなどるなかれ。私たち現代人に生き方を問い直すきっかけを与えてくれます。

(人文社会学部 ドイツ文学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387224

2021年3月31日

改宗ユダヤ人マラーノの文学の系譜をたどる書物。ハイネ、カフカなど有名な作家も登場します。「文学は、ある意味では勝利者の手によってつくられてゆく歴史への反逆である」ということばから始まる刺激的な名著です。

(人文社会学部 ドイツ文学教室 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB00656522

2021年3月31日

ノーベル賞作家カミュの代表作。ペストの流行によって都市封鎖されたアルジェリアの都市を舞台に、悪や不条理と闘う人間の連帯が描かれる。新型コロナが流行する今日、世界中で読み継がれている小説。

(人文社会学部 フランス文学教室 西山雄二先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02379273

2021年3月31日

新型コロナウイルスの流行下で執筆された著作。医療社会学者である著者が新型コロナウイルスの歴史的・社会的な考察を展開し、文系/理系の横断的学識を駆使して明晰な分析を披露する。

(人文社会学部 フランス文学教室 西山雄二先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02380368

2021年3月31日

「人新世」——人間の活動によって劇的な環境変動が引き起こされ、地球の姿が変質したという、地質学的に新たな時代。生態系の破壊や新たな感染症の流行など、今日、人間の条件をマクロな視点からいかに考えればいいのか。

(人文社会学部 フランス文学教室 西山雄二先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02384003

2021年3月31日

法学をはじめてまなぶときに、高い学問水準と異様な面白さを同居させた名著。

(法学部 木村草太先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB00978072

2021年3月31日

憲法を学ぶときに、出発点となる本。口語体で読みやすさにも配慮。

(法学部 木村草太先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02377222

2021年3月31日

膨大な民法の領域の中から、まず学んでおくべき内容が厳選されて紹介されている。

(法学部 木村草太先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02321643

2021年3月31日

刑事訴訟の枠組みを明快に解説。

(法学部 木村草太先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02382018

2021年3月31日

技術と社会の変化について考えさせられる

(経済経営学部 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02339047

2021年3月31日

今後の経済成長や労働について考える手がかりとなる

(経済経営学部 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387225

2021年3月31日

経済と文化の接点を探る本

(経済経営学部 教員)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02381633

2021年3月31日

多くの卒業生の話を聞くと,大学で身についた大事なものの一つに,レポートや卒論執筆による文章作成の力があるそうです。この本には分かりやすい文章を書く方法が,分かりやすく書かれています。

(都市環境学部 地理環境学科 矢部直人先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02324130

2021年3月31日

「重度身体障害者・上田さん」の介助をアルバイトで始めた大学生の著者は、上田さんの生活史、障がい者等による運動、闘争に関心を持ち、聞き書きをして、生活史を卒業論文としてまとめた。本書はその卒業論文を書き直したものである。多くの大学生が知らない時代について一人の大学生が学んで書いた本である。今よりも不便なことが多くあったその時代に、少しでも生活や移動がしやすくなるよう、自分たちの存在が認められ尊厳が守られるよう、運動を行ってきた人々の経験や思いについて書かれているが、この構図自体は対象(人)を変えても成立する、普遍的なものでもある。今日、日本や世界で起きている、より生きやすい社会を当事者たちがつくっていこうとする活動や取り組みに目を向けるきっかけとしてほしい。

(都市環境学部 都市政策科学科 山本薫子先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387343

2021年3月31日

日本で暮らす外国籍の子どもの学びに関わる深刻な問題、かつ見えない問題を丁寧に取材している。外国籍の子どもたちが義務教育の対象外とされていること等に起因する不就学、学校現場での支援が不足し日本語が理解できないまま授業が進められてしまうことで学力が身につかずドロップアウトしてしまう、日本語がわからないことが発達障害と判断され特別支援学級に入れられるなど、多くの問題が存在するにも関わらず、社会全体で広く知られていない。まず実態を知り、この問題について考えるための一冊。毎日新聞での連載記事を書籍にしたもので、連載は2020年度新聞協会賞、2019年度新聞労連ジャーナリズム大賞優秀賞などを受賞している。

(都市環境学部 都市政策科学科 山本薫子先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02387690

【OPAC】(電子ブック)
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/EB00018724
リンク先をクリックすればすぐ読めます。

2021年3月31日

南大沢キャンパスも含まれる東京郊外・多摩丘陵がニュータウンに変化していく様子を、明治時代から現代まで定点観測的に描いた絵本。ぜひ大学のキャンパスの外にも目を向けて、キャンパス周辺の地域やその歴史についても知り、学んでもらいたい。そのきっかけとなる一冊。

(都市環境学部 都市政策科学科 山本薫子先生)

【OPAC】
https://tmuopac.lib.tmu.ac.jp/webopac/BB02384726

2021年3月31日

ツイートする