社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

4.19
  • (13)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 279
レビュー : 12
制作 : 田中正人 
t4learningさん  未設定  未設定

マルクス、デュルケーム、ミード、フロム、フーコー、マクルーハンなど名の知れた学者しか知らなかい程度の浅学だが、だからこそ1800年代から通して社会学を俯瞰してみていけるのは素晴らしい。深くまで突っ込んで、というわけには当然行かないが、それでも、社会の変化とともに社会学がどのように変わってきたのかを理解でき、それがまた現代社会の様相の捉え方が確かにそうだ、と腑に落ちるところもいい。現代の社会学を知っておくことは大事だ。とりわけ、近代から現代へ、ブルデュー、ネグリ、ライアン、デギンズンといった知らない人ばかりの洞察には、刺激いっぱいでぜひ読んでいただきたい一冊だ。

レビュー投稿日
2020年9月22日
本棚登録日
2020年9月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会...』のレビューをもっとみる

『社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする