こころ (新潮文庫)

3.89
  • (2449)
  • (1915)
  • (2848)
  • (144)
  • (41)
本棚登録 : 16779
レビュー : 1921
著者 :
tacbonaldさん  未設定  読み終わった 

国語の教科書で読んだだけのこの作品は、今読んでも本当に、見事としか言いようがない。
時代背景知りませんので、先入観抜きで作品自体のレビューします。

3章から成り、「先生と私」「両親と私」そして最も知名度の高い「先生と遺書」と構成されていますが、
まず言いたいのは、「先生と私」の素晴らしさ。
結末を知った今読み返すと、如何に著者が先生の苦しみを表すのに適切な言葉を選んだかがわかります。
「私は今より一層淋しい未来の私を我慢する代わりに、淋しい今の私を我慢したいのです。」
「平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。」
結末に対して100納得するのはやはり気が進まず、平成の日本人として何かしら反論を、と読後考えたりもしましたが、
振り返ってみれば、1章から続く先生の渇いた佇まいは異論を挟み込む余地など無いように思います。
その牙城を更に完璧に築く後押しをするのは、あまりにも美しい日本語で書かれた3章の手紙。
有名だからという理由でこちらも身構えてましたが、そんなアンチの意など何の意味も無い程、終盤の文章は圧巻です。
しつこく繰り返される先生の葛藤は、あまり好感は持たれないものの、共感という点で誰もが頷かざるを得ない。
というか時代を越えた今私なんかを唸らせている時点で、もうそれは真理でしょう笑。

いわゆる文豪の小説に手を出したくなるきっかけとして、本作はとても良いと思います、
少なくとも私は今、文豪モード

レビュー投稿日
2013年1月29日
読了日
2013年1月29日
本棚登録日
2013年1月29日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こころ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『こころ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

HNGSKさん (2013年1月29日)

な、なんと素晴らしいレビュー。
私もはばかりながら、この作品が大好きです。
tacbonaldさんのレビューに、引用されている文章がどこにあるのか、確かめてみたくてたまりません。今すぐに、「こころ」を手にとって読みたい衝動に駆られました。
もしよろしければ、フォローさせてください。

tacbonaldさん (2013年2月24日)

すみませんコメントに気付いてませんでした…
コメントありがとうございます。
レビューを書くことで、気持ちの整理にもなってさらに作品を好きになりますよね。
これからもガンガンレビューしてってください!

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする