さらば雑司ヶ谷

3.43
  • (36)
  • (81)
  • (103)
  • (25)
  • (9)
本棚登録 : 561
レビュー : 99
著者 :
tacbonaldさん  未設定  読み終わった 

いろんな所で話題となった作品。
巻末の水道橋博士の言うように、スピード感という意味では素晴らしかったです。
ただそれが、続きが気になる感情から来るそれというよりは、物語の突拍子過ぎ加減が何となく心地よくて、「狂え狂え~」と鳥瞰的にニヤニヤして読んでいたような感じ。
だから当然の如く内容はあまり入ってこないし、エログロもよく分からないし、続編があるらしいが特に気にならない。
終盤の婆の告白シーンも、悪く言っちゃえば「それがどうした」といった感じ。
純粋なエンタメを求める人に多分、ものすごく評価されそうだ。

まれに「映画を観ているような小説」ってあるけれど、本書がそれで、その点が凄いなあと思いました。
あと、博士の解説も面白い。

レビュー投稿日
2012年8月19日
読了日
2012年8月19日
本棚登録日
2012年8月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さらば雑司ヶ谷』のレビューをもっとみる

『さらば雑司ヶ谷』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする