ツレがうつになりまして。

3.65
  • (159)
  • (230)
  • (361)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1434
レビュー : 339
著者 :
白汀さん 幻冬舎   読み終わった 

神経の伝達物質セロトニンの分泌不足で発症する、物理的な原因のある病。心因性(気分の問題)ではない、ということ。前兆、退職までの流れ、日々の浮き沈み、天気病、ゆり戻し、自殺念慮…… 自分も読み、母にも読んでもらいました。身近な人がうつになり、どう接していいかわからない方にオススメのコミックエッセイ。

レビュー投稿日
2013年6月17日
読了日
2013年6月17日
本棚登録日
2013年6月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツレがうつになりまして。』のレビューをもっとみる

『ツレがうつになりまして。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ツレがうつになりまして。』に白汀さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする