20の短編小説 (朝日文庫)

3.23
  • (1)
  • (33)
  • (55)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 376
レビュー : 50
制作 : 小説トリッパー編集部 
橘さん 小説   読み終わった 

面白かったです。
20をテーマに、20人の作家さんが短編を書かれた短編集。読んだことのある作家さんも初読みの作家さんもいました。
阿部和重「Across The Border」、伊坂幸太郎「if」、恩田陸「黒い春」、川上弘美「20」、木皿泉「20光年先の神様」、藤井太洋「ヴァンテアン」が好きでした。
恩田さんの物語はゾッとするのですが、何年か先にはこんな会話しているんじゃないかという妙なリアリティーがあります。
初読みの藤井さんのお話も、DNAで作られるアミノ酸の21個目を作ったバイオハッカーのお話で、これは長編で読みたい!となりました。
お話には好みがありましたが、文章や文体はさすがの読みやすさでした。読んだことないけど、名前は知ってる作家さんばかりなので。

レビュー投稿日
2019年5月24日
読了日
2019年5月24日
本棚登録日
2017年1月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『20の短編小説 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『20の短編小説 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『20の短編小説 (朝日文庫)』に橘さんがつけたタグ

ツイートする