日の名残り (ハヤカワepi文庫)

4.08
  • (657)
  • (582)
  • (412)
  • (40)
  • (12)
本棚登録 : 4969
レビュー : 685
制作 : Kazuo Ishiguro  土屋 政雄 
tagnoue(たぬぅ)さん  未設定  読み終わった 

沈みゆく一瞬の輝きでしか見えないものがある。傾いた陽が、やがて勢いを忘れブラッドオレンジの絵の具のようになる頃、その柔らかな光の影でしか見えてこない形がある。大抵は、そうした影がようやく見えた頃には、もはや後戻りできない夜が目前にある。輝いだ喧噪も午後の無為な時間も同じように覆い尽くす夜である。夕暮れの光のなかに知っていたはずのシルエットを見て、あたかも初めてそれに気づいたと感じたとしても、そのシルエットを為すそれは以前から間違いなくそこにあったのだ。ただ、日々の忙しさの中に忘れ、無意識に記憶から追い出し、夕暮れの時間になって初めて思い出した。それだけのことなのだ。そうやって気づいた影は、間も無く漆黒に沈んでいく。秋の夕暮れである。

一日を振り返るとか、思い出にひたるとか、あるいは、過去にふと気づくというのは、存外容易なことに違いない。映画や小説で見るフラッシュバックは、そうした容易さがあるから受け入れやすいのだろう。その容易さがゆえに切ない。そういうものである。

とりたてて触れるべき事はない。世界的に知られた英国作家の代表作のひとつである。何が起きるわけでもない。なんども読み返すような深い描写が繰り返されるわけでもない。ある人に会いに旅立つ。ただそんな話である。英国の斜陽と簡単に片付けることもできなくはないが、それ以前にひとの日常と傾きかけた陽の光が周囲を覆う。ただ、最後の1行まで読み切らなければわからない。それだけのことである。

(2017年9月より前に読んだものですが、今回は例外で登録)

レビュー投稿日
2017年10月6日
読了日
2017年10月6日
本棚登録日
2017年10月6日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日の名残り (ハヤカワepi文庫)』のレビューをもっとみる

『日の名残り (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

アテナイエさん (2017年10月6日)

祝(^^♪ ノーベル文学賞ですね。嬉しくてご機嫌です。

tagnoue(たぬぅ)さん (2017年10月7日)

本当に良かったですね。本屋さんは今頃山積みでしょうか。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする