NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版

4.24
  • (16)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 218
レビュー : 16
t254さん  未設定  読み終わった 

相手と自分自身へのコミュニケーションのあり方を見直す上で非常に参考になった。相手に苛ついたり否定的な感情を抱くのは、自分が相手に抱く期待からずれたり、期待よりも下の答えが返ってくるからであると、筆者は主張する。そして、感情的に自分の感情や意見を伝えるのではなく、「何が自分をその感情にさせ、何を相手に期待していたのか」を伝えることこそ、良好な関係性を構築する重要なステップであると、本書では繰り返す述べられている。
このコミュニケーションのやり方は、私も以前に実践して、大きな効果があった。それはある日に友人より、「仕事に価値を見いだせない。自分が今の仕事に向いてるし、成果も出せているけど、意義を見いだせない」と相談されたときだ。この相談を受けて、わたしは「自分の強みを仕事に活かせてるけど、意義を感じれないやね。おれに相談してくれたのは非常に嬉しい。ほんで、おれに相談するのを通して、どんな言葉を言ったり、どういう感情になることを期待してるの?」と質問した。そこから彼は、自分が求めている期待を教えてくれ、一緒に今後のキャリアを前向きに考えることが出来た。
言葉や感情の背後には、常に自分や相手への期待がある。だからこそ、自分や相手の感情や言葉を注視して、何を期待しているかを適切に把握することが大切だと本書より学んだ

レビュー投稿日
2020年8月10日
読了日
2020年8月10日
本棚登録日
2020年8月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む...』のレビューをもっとみる

『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする