部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)

著者 :
  • 集英社 (2013年6月14日発売)
3.50
  • (16)
  • (34)
  • (48)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 386
感想 : 48
4

財務省事務次官を辞任に追い込んだセクハラ。そんなことにならないためにも、特に働く男性は本書を読んでおいた方が良いと思いました。職場のハラスメント研修なんか受けるよりよっぽど勉強になりました。本書ではまだまだ多い事例である、男性が女性に訴えられるセクハラに限定して、豊富な具体例が紹介されています。ハラスメント研修なんか受けると、相手が不快に思えばセクハラ!とか言われて、じゃあどうすれば良いんだよ、とか当然多くの男性が感じるような疑問も挙げて、コメントしてあります。黒か白かのセクハラなんて滅多になく、ほぼ全てグレーゾーンであるのが実際のセクハラであることを認識し、映画羅生門のごとく、同じ事実も立場によって見え方が違うもいうことも分かっておかなければならない。同意があろうとなかろうと、上司であろうとなかろうと、職場や学校では純粋に仕事だけをしておけば無難かもしれません。本書では訴えられないようにするための心構えだけではなく、訴えられたらどうすべきか、理想論だけじゃなく現実的な対応についても述べられているので使える一冊です、間違いなく。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新書
感想投稿日 : 2018年6月10日
読了日 : 2018年6月10日
本棚登録日 : 2018年6月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする